製品の成型やメヤニの防止にも使えるフッ素系離型剤の特徴や利点

工場

離型剤の追加が必要な時に便利な刷毛等で塗布できるフッ素系離型剤

金型を使って規格品を大量生産する現場では、生産効率を上げるために、作業を中断する要因は出来るだけ排除しておきたいものです。ゴム製品等を製造している場合、成型過程で使う離型剤の効果が劣化して、綺麗な成型と離型が出来なくなることは、作業中断を招く大きな原因になります。従って、離型剤としては、持続性のあるもので、かつ必要に応じて現場で簡単に再塗布できるタイプのものが望ましいことになります。
このニーズを満たす離型剤として、フッ素コーティング剤を主成分とするフッ素系離型剤があります。フッ素系離型剤は、金型に塗布する量が少なくても、その表面で形成されるフッ素樹脂塗膜の非粘着性が大変強力なため、優れた離型効果を発揮します。更には、成形物に離型剤が転移して金型表面の離型剤が減ることがないため、離型効果が長く続くという特徴もあります。また、連続離型を続けているうちに綺麗な離型が出来なくなってきた場合は、刷毛を使って追加塗布できるタイプ、またはスプレー缶で噴射するだけで簡単に再塗布可能な製品も販売されています。こうした特徴から、フッ素系離型剤は、現場作業の中断を最小限まで抑えることを可能にしてくれます。他にも、成型のステップでメヤニができにくいという便利さもあり、現場に優しい離型剤を選ぶなら、フッ素系が最適でしょう。

Topics

フッ素コーティングの原理に基づく離型剤の効果

モノづくりの過程では、原材料となるプラスチックやゴムといった素材の他に、製造過程で補助的な役割を担う様々な薬剤が使用されています。離型剤もそうした薬剤の一つです。離型剤という名称にはなじみのない人が多いかもしれませんが、普段の生活の中で使っているゴム製品やプラスチック製品の大半は、離型剤がある…

Notice

フッ素コーティングの原理に基づく離型剤の効果

モノづくりの過程では、原材料となるプラスチックやゴムといった素材の他に、製造過程で補助的な役割を担う様々な薬剤が使用されています。離型剤もそうした薬剤の一…

read more...

身近な存在のゴムチューブやパッキンの成型にも離型剤が使われている

製造業で使われる薬剤の一つに、離型剤というものがあります。ことに、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤は、その優れた離型効果や、メヤニができにくく持…

read more...

離型剤の追加が必要な時に便利な刷毛等で塗布できるフッ素系離型剤

金型を使って規格品を大量生産する現場では、生産効率を上げるために、作業を中断する要因は出来るだけ排除しておきたいものです。ゴム製品等を製造している場合、成…

read more...

フッ素系離型剤はワックス系よりも現場での利便性が高い

これからゴムやプラスチックを使った製品を開発・販売するビジネスに着手するなら、製造工程の業務効率化のため、優秀な離型剤を確保しましょう。金型内側に塗布する…

read more...

TOP