製品の成型やメヤニの防止にも使えるフッ素系離型剤の特徴や利点

工場

フッ素系離型剤はワックス系よりも現場での利便性が高い

これからゴムやプラスチックを使った製品を開発・販売するビジネスに着手するなら、製造工程の業務効率化のため、優秀な離型剤を確保しましょう。金型内側に塗布することで、流し入れたプラスチックやゴムが型に付着して成形後の製品が型崩れするのを防ぐのが、離型剤の役割です。素材が金型に粘着するのを防ぐ力が強いものほど、優秀な離型剤と言えますが、今のところ、フッ素コーティング剤が主成分のフッ素系離型剤が大変優秀な製品としておすすめです。
フッ素コーティング剤を含む離型剤の他に、ワックス系の離型剤もよく知られていますが、ワックスの特徴として、成形物に離型剤が転写しやすいということがあります。そのため、成形を完了した製品を、そのままその後の工程に回すことが出来ず、製品を綺麗にするため、付着した離型剤を洗浄する手順が一つ追加で必要になります。これは、業務効率を下げるだけではなく、デリケートな製品の場合、洗浄の過程で破損するリスクもあるので、望ましいとは言えません。フッ素系離型なら、成形物への転写が見られず、洗浄といった手をかける必要はないですし、メヤニもできにくいため、現場での成形作業はシンプルな手順で完了させられます。成形作業には、是非、フッ素系離型剤を使いましょう。

Topics

フッ素コーティングの原理に基づく離型剤の効果

モノづくりの過程では、原材料となるプラスチックやゴムといった素材の他に、製造過程で補助的な役割を担う様々な薬剤が使用されています。離型剤もそうした薬剤の一つです。離型剤という名称にはなじみのない人が多いかもしれませんが、普段の生活の中で使っているゴム製品やプラスチック製品の大半は、離型剤がある…

Notice

フッ素コーティングの原理に基づく離型剤の効果

モノづくりの過程では、原材料となるプラスチックやゴムといった素材の他に、製造過程で補助的な役割を担う様々な薬剤が使用されています。離型剤もそうした薬剤の一…

read more...

身近な存在のゴムチューブやパッキンの成型にも離型剤が使われている

製造業で使われる薬剤の一つに、離型剤というものがあります。ことに、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤は、その優れた離型効果や、メヤニができにくく持…

read more...

離型剤の追加が必要な時に便利な刷毛等で塗布できるフッ素系離型剤

金型を使って規格品を大量生産する現場では、生産効率を上げるために、作業を中断する要因は出来るだけ排除しておきたいものです。ゴム製品等を製造している場合、成…

read more...

フッ素系離型剤はワックス系よりも現場での利便性が高い

これからゴムやプラスチックを使った製品を開発・販売するビジネスに着手するなら、製造工程の業務効率化のため、優秀な離型剤を確保しましょう。金型内側に塗布する…

read more...

TOP